お金を借りた後の人生

お金を借りた後の人生

お金を借りて、当座の生活資金を賄う人も、冠婚葬祭や医療費に充てる人も、借りた未来が明るく楽しいものでなければいけません。もし借りてしまったがために将来借金取りに追われたり、自己破産をして社会的に制限を強いられる生活をすることになってしまっては元も子もないというもの。いくらプロの貸金業者だからといって、(一部の悪徳業者を除いては)借りた人が不幸になるために貸しているわけではありませんので、できれば笑顔で貸して笑顔で完済をして欲しいと願っています。

 

だからこそ、借りた人がすっきり気持ち良く完済まで終えることができるように、返済シュミレーションのシステムを設けたり、借り過ぎへの注意喚起をCMで流しているのです。つまり、未来がハッピーになれるように、しかも借りた人だけでなく貸した人も未来がハッピーになれるように、世の中のキャッシングというシステムが普及しているのです。
と、キャッシングでちょっと壮大な幸福論となりつつありますが、とはいえ、これは決して言い過ぎというものではなく、本当のオハナシ。だって、お金で人の性格や人生が変わるということをネガティブでなくてポジティブに捉えて、カード会社はそこにあるのですから。