限度を超える借り入れはNG

限度を超える借り入れはNG

キャッシングはとても便利ですぐに現金を借りることができます。あまりにも便利に借りることができるので、逆に見るとその便利さは弊害となることも十分にあります。更に、住宅ローンのようにまとまった金額をまとめて借りてそのまま支払いに充てるというような方法と違い、少額を下ろして実際に手にすることができるため、弊害に変化してしまう人も多いのも事実です。

 

その最たるものが多重債務や自己破産といったもの。つまり、自分の収入や限度を超えた借り入れをして、結果、他のカード会社から借り入れて返済、また別の会社から借りて(いわゆる自転車操業)返済を繰り返して返済不可能になってしまったり、最終的には支払うことができず自己破産申請という結末になってしまうというものです。

 

このような限度を超えた借り入れにならないためには、まずは自分のキャパシティ(容量)を十分理解しておくことです。『収入<借り入れ』ではまず無理がきますし、『収入=借り入れ』では他の基本的な生活に充てるお金を捻出することはできません。『収入>借り入れ』で更に生活資金を除いた金額でなければいけません。限度を超える借り入れは絶対にいけません。何度もキャッシングをしている人は特に、今現在の借入額と返済予定の金額をしっかり把握しておきましょう。