こんな悪徳業者は注意しよう

こんな悪徳業者は注意しよう

初めてキャッシングをする人にとって「貸金業者=悪質」と思っている方もいるかもしれません。貸金業者は、それぞれの自治体や貸金業協会という正式な協会に登録しているところなら、基本的には安心です。

 

ただ、中には廃業した貸金業者の登録番号を悪用して貸金業を行う業者や、未登記のまま貸金業を行っている会社があり注意が必要です。間違ってもそのような会社からお金を借りてはいけません。本当に悪質な闇金(ヤミ金)といった無法地帯の貸金業者から借りてしまったりすれば、最後、負債のスパイラルに陥って、一生逃れられないことになります。

 

借りる会社は大手のよく知られたところにするか、予めよく会社について調べて信頼あるところから借りましょう。でももし万が一、悪質な会社から借りてしまった場合、警察や弁護士、消費者センター等の公的機関やその道のプロに相談をして、問題が長期化しないように十分注意しましょう。一度借りてしまうと、このような悪質な貸金業者はなかなか離れません。言い換えるとお金が出続けるための「離れない」方法をよく知っています。どんなに金銭的に困った状態になっても、決して悪質業者の手だけは借りずに済むようにしたいものですね。